Keisuke ikeda weblog
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
#772


FUJIFILM X-Pro2 / XF23mmF2 R WR

連休でしたが、天気がいまいち。
今週末も厚真町にボランティアへ行こうと思っていたが、色々と事情が代わりボランティアは中止。
ニュースでみた厚真町はコンビニも営業を再開し、閉まっていた食堂なども再開したようです。
今度は食料持参で行かなくても、現地で調達出来る様です。
今度のボランティアのさいはコンビニで買物して、ボランティア帰りに地元の食堂で食事をして来ようと思う。

さて、連休は10月9日から始まるグループ展のプリントで暗室でした。
写真仲間とワイワイガヤガヤでうちの暗室でプリント。
さすがに7時間もプリントしてると後半はどうでも良くなってきますよね。笑

私は4作品を展示予定です。
詳細はまた次回にでもお知らせします。

そして、先日購入したFUJIFILM X-Pro2ですが凄く良いです。

以前、X-Pro1が出た時は買う気でしたが、運良く富士フィルムさんから数日間デモ機を貸していただくことが出来たので
使わせて頂いてから買う気ではいたのですが、使った感じあまり魅力を感じなくなり違うメーカーのカメラを買いました。

今回のX-Pro2は何度も、何度もヨドバシやキタムラで触っていたので凄く良いなーと思っていたので、
発売から2年が経ち、値段も手頃になって来たので購入しました。

色がめちゃくちゃ良くて驚きます。
さすがフィルムメーカのカメラです。
カラーも凄く良いけども、モノクロのAcrosモードもとても良い。

地味に初めてFUJIFILMのデジタルを買いました。
ファインダーも良く出来ていて使いやすいです。

これはもっと早く買っていれば良かったと思いました。
形はレンジファインダータイプのX-Pro2の方が好きですが、
一眼レフタイプのX-T3も気になり出しています。

X-Pro2には単焦点レンズ、X-T3にはズームレンズをつけて使うと良さそうです。

まだ出たばかりで高いので少し安くなったらですけどね。笑

JUGEMテーマ:日々のくらし



#771


前に所有していたLeica M8がちょっぴり不調になり手放したけども、
やっぱりあの色が好きだな〜って事でM8.2を手に入れたんだけども、
M8.2を買う時に最後まで悩みに悩んだのがX-Pro2かM8.2かどっち?どっちどっち?って事でした。

これは相当悩んで両方買ってしまおうかと思いましたが、出物のM8.2に出会い勢いで購入。
やっぱりM8のはいいなーと思っていたものの、低感度しか使い物にならず
私みたいに夜の撮影を愛する者には正直、もう少し高感度どうにかならん?
えっ?M10買えって?!いやいや、カメラに100万円って!無理!100万出すならハッセルデジタル買うわい!
と最近はどうしたもんかと悩んでいましたが、先日某カメラ店に行きM8.2を買う前にめちゃくちゃ悩んだX-Pro2を久々に触る。
10秒位悩んでから購入。笑

現在、北海道が地震の影響で観光客が激減で困ってます。

厚真町、安平町、むかわ町ら震源地近く札幌の一部の地域、北広島の一部の地域は確かにまだ観光客を迎えれる状態ではありませんが、
その他の町は地震の影響はとくに無く安心して観光楽しめると思います。

めっちゃ観光客をお待ちしております!

是非!北海道へ遊びに来てね^ ^
今が一番過ごしやすい天候ですよ。

美味いもの食べに来てね!

そんな私も今回は経済を回す為に本当に致し方なくカメラを購入しましたよ。
これは経済を回す事が目的なので致し方なくの苦渋の決断なんで仕方ないですな〜(>_<)

FUJIFILM X-Pro2 / XF23mmF2 R WR


JUGEMテーマ:日々のくらし

#770


連休を利用して北海道胆振東部地震の被災地である厚真町へボランティア活動に参加させて頂きました。

初めてのボランティア活動で私は役に立るんだろうか?と、心配してましたが住宅地の倒れた木の伐採を任されまして、
チェンソーを使用して伐採させて頂きました。

まー仕事がらこの手の工具は使い慣れていますのでお茶の子さいさい。。。のつもりが、結構ハードでした。

他には住宅内で倒れた家具を立て直したり、土嚢を作ったりとまーまー良い感じの疲労感で本日のボランティア活動をケガ無く無事に終える事が出来ました。

まだまだ大きな大木が倒れていたり、道路の地割れがあったり、まだ続く余震等で危険な状態ではあるのですが安全第一で行っております。

ボランティアは力仕事だけでは無くて、子供の遊び相手や、運営のサポートなどもあります。

ボランティア活動に興味はあっても力仕事に自信はない方でも何かしらのお手伝いは出来ると思います。

人口4700人の小さな町ですが、まだ900人の住民が避難所生活を余儀なくされている状態です。

私の力なんぞ微々たるもんですが、今後もボランティア活動に参加させて頂こうと思います。
ボランティアでの活動は色んな意味でとても良い経験になったと思います。

一緒のグループで仲良くなった方は東北出身の方が多く、「東日本大震災の時は沢山の人に助けて頂いたので、今は北海道に住んでいますが、あの時助けてくれた人達のように私も力になりたいです。」と言う強い志の私よりずっと若い女性。

素晴らしいなーと思います。

同じ北海道に住んでいるのに、僕も知らんぷりは出来ないなーと思うのです。

今後、何度ボランティア活動に参加出来るのかわかりませんが、出来る範囲応援して行こうと思っています。

JUGEMテーマ:日々のくらし