Keisuke ikeda weblog
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
#636


Planar 75mm F3.5 / Kodak TX-400

写真展の搬入の為に上京する際に、下町を散策したいと言う希望で同行した父。
iPhoneを片手にGoogle Mapや乗換案内のアプリを使い、SUICAを使って電車に乗り
浅草、上野を散策しさらに曳舟、向島、京島をスナップして来たようです。

Lineで「これからホテルに戻ります」なんてメールが着たり。笑

昔だったら絶対1人で旅行なんてする人じゃなかったのに、
iPhoneを持つようになってから「これがあれば何処でも1人で行ける!」なんて言っている。

僕は写真展の搬入や友人と会ったりしてましたが、せっかく二人で来たので1日だけ時間を作り
父と二人で鎌倉まで行って来た。

あいにく天気が不安定で小雨が降ったりしたが、なかなか良い思い出になりました。

江ノ電の車窓から湘南の海を眺める父。

久々のRolleiflexでピンぼけ写真を量産してしまいました。笑
#631


Planar 75mm F3.5

写真展に展示する作品のプリントを終えました。
正月休みから暗室でプリントを始め、毎週末はほぼ暗室で3月1日までかかってしまった。

去年まではオリエンタルの純黒調の印画紙を使っていたが、
今回からはILFORDのウォームトーンの印画紙にしてみた。
引伸し機も替え、引伸しレンズ変えて手探り状態からのスタート。

それでも印画紙は100枚も用意すれば十分だろうと思っていたけども、結局は250枚焼きました。

今年の初夢も夢の中で暗室でプリントしていました。笑

今日は気分転換に近所の公園でも散歩でもして来ようかと思っています。

↑の写真の売店は無くなり、人の集まり場が無くなり少し淋しくなった様な気がします。

ここ数年で旭川もだいぶ変わってきましたね。
駅前もすっかり変わりましたね!
街中もこれで少し賑やかになってくれたら良いのですがね。

街中と言えば。

12月号の日本カメラに作品を掲載して頂いた時に、
5月2日からジュンク堂旭川 ジュンク堂ギャラリーで展示予定と記載しましたが、
ジュンク堂ギャラリーの移転工事が決定しましたので、私の展示は延期となりました。
楽しみにしていてくれた方には本当に申し訳ありません。
中止ではなく延期の予定なので、また日程が決まりましたらご連絡させて頂きます。

写真展のお知らせ。
#600


本日より私の写真展 冬夜燈光 - Touyahikou -が始まりました。

今日から2週間、せっかく暖かく春らしくなってきた北海道ですが、
新さっぽろギャラリーは真冬に戻ります。

極寒の冬夜の記録、是非ご高覧下さい。

#527


今年の春に旅した大阪→東京の約2週間の旅で撮った写真の中から数枚だけRCペーパーでプリントしてみた。

やっぱり旅は良いなぁ〜

旅に連れて行ったRolleiflex君ですが、
あの日以来フィルムの装填すらされる事なく放置されていますけどもね〜^^;

またRolleiflexを連れて旅に出たい。
#516


Rolleiflexを首から下げて浅草をプラプラと歩いていたら、
「そのカメラかわいいですね!何て言うカメラですか?」と声をかけられた。

「もう50年以上前に作られたRolleiflexと言う二眼レフカメラです。」と答えた。

すると彼女はそんな古いカメラでも写真が撮れる事にすごく驚いていた。

Rolleiflexを首から下げていると本当に良く話しかけられる。
そうゆう一期一会な出会いで一言、二言会話する時間はなかなかいい物ですね^^
#496












2013年3月23日 渋谷
#495
















2013年3月22日 浅草
#494










2013年3月22日 上野
#491


和歌山のとある民家の前で出会った農家のおじさんと駅長犬のトラ

大阪へ上陸した日に連れて行ってもらった初の和歌山県。

列車から降りた町はめちゃめちゃ田舎で和んだ。笑
町並みが何処か懐かしくもあり、北海道の田舎とはまた違った風景だ。
初めてみた竹やぶや情緒ある瓦屋根の家。

道なんかちょー狭い。

でも、とても良い感じの風景でした。
#480

Kodak T-MAX400

今日は久々に留萌へ撮影に行ってきた。

グループ展の企画で行ったone day tripの2012年10月28日の撮影会以来でした。

写真はその時に撮影した写真です。
今の留萌は町中が大雪で覆われています。

あの時歩いたルートを思い出すように歩いて見た。

たかか4ヶ月ちょっとしか経ってないのに、あの時はあった建物が解体されていたり、
あの時はやっていたお店が閉店していたり。。。

こんな田舎の町でも、いつの間に町は変わって行きますね。
やっぱり記憶の記録は全然追いつかない。