Keisuke ikeda weblog
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
#705

SONY α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

16日から昨日18日まで台湾に行ってました。

16日の昼過ぎにに旭川空港を出発して、台湾に着いたら20時位で、昨日も朝3時にホテルをチェックアウトしてからの移動で滞在時間は実質1日位でしたが人生初の台湾楽しめました。

今回は旅というより、友人との旅行って感じだったので撮影モードに入らず友人と過ごす時間を楽しみました!
いや、それでも友人達が飽きれる位に写真は撮ったかな。笑

30年近い付き合いでこうやって旅行に行ったのは初めてでした。
まーバカみたいな話ばかりでしたが、良い思い出になった事でしょう。

まーなんせ暑かった!

北海道に住んでてあの暑さはかなり堪えました。

夜中だったら少しは涼しいかとおもい外に出ても30℃だったのは驚きでした!

#704

α7s + Summicron 50mm F2

約1ヶ月ぶりの更新。
全然更新しないもんだから、かなり落ち込んで寝込んでるかと思ってた。とか言われたりしましたが
私は元気ですよ。笑

本日、祖母の四十九日法要も終わったので、ぼちぼちとやって行こうと思います。
#700


GWは函館へ行って来ました。

しかし函館って遠いですな〜
空港まで行って飛行機でピューンと行ける東京、大阪の方が近く感じます。

そんで今回は函館で桜の撮影をしようと行って来ました。

本州の様に綺麗に咲き乱れる桜の風景は旭川ではなかなか見ることが出来ませんが、
函館なら見れるらしいとの事で行って見ましたよー!

いよいよ入院している祖母の体調も良くなく、最後に桜が見たかった〜と言っていたのでせめて写真だけでもと思いまして。。。

おかげさまで満開のソメイヨシノが見ることが出来ました。
北海道でこれだけの桜が見ることが出来たのも初めてで感動しました。

またその日は天気も良くて久々に半袖で外を歩ける気温で気持ちよかったです!

2時間ほど滞在してさっさと旭川へ向けて車を走らせたのですが、
GWの帰省なのか、観光なのか超渋滞にハマってしまい帰りは行きよりもさらに遠く感じた旅でした。

せっかく函館まで行ったのに朝市も、新幹線もな見ないで帰ってきてしまいちょっと勿体無いなかったかな。。。
と思いましたが、函館の町もゆっくりスナップしたいのでまた今度行こうと思います。

と言うわけで「はるばる来たぜ函館へー!」って気分なGWでした。
JUGEMテーマ:日々のくらし


#697「69年の歴史に幕を閉じた旧白滝駅」





2016年3月25日 20:06をもって69年の歴史を閉じた石北本線「旧白滝駅」

女子高生1人だけが使っていた秘境駅、卒業と同時に廃止へと言う事で全国的に有名になってしまった駅です。
今回廃止となった3つの駅でも一番小さな駅ですが、最後の瞬間に立ち会おうと一番人が集まっていた場所でした。

下白滝駅を出発した列車を見送ってから6分後に停車する旧白滝駅で
最後の停車列車を見ることは出来ないだろうな。と思っていたのですが、急いで向かったら
ちょうど列車が発車する瞬間で花火が打ち上がるのを何とか見ることが出来ました。

しかし、とっくに列車が出発してても良い時間だったのに、なぜにまだ列車がいたんだろ?と思っていたのですが、
どうやらテレビ局のカメラマンが線路に寄り過ぎて構内に進入の際に列車を緊急停止させてしまったようです。。。

う〜ん。。。最後にそれはないでしょ〜。。。

こちらの駅の閉鎖も完了し、帰ろうと車に乗り込んだら町民の方が何か言いながら手を振っている。

「どうかしましたか?」と尋ねると、

「お疲れ様でした。じゃがいもを蒸かした物が少しあるんですが良かったら持って行って下さい。」と言ってくれた。

寒かった夜、3つの駅が廃止になり少しさみしく思っていましたが、
わざわざ声をかけてくれたおばさんの優しい心とじゃがいもの暖かさで少しほっこりしながら帰路につきました。

69年間お疲れ様でした。

JUGEMテーマ:鉄道・駅
#696「87年の歴史に幕を閉じた下白滝駅」










2016年3月25日 20:00をもって87年の歴史を閉じた石北本線「下白滝駅」
定刻より2分遅れで構内に進入してきた上り列車を見送った後、こちらの駅も直ちに駅名板を撤去し、駅入口は閉鎖した。

上白滝駅の方はお見送りの人が沢山来ていたが、こちらの駅は4〜5人の鉄道愛好家の方たちが来ていたのみでした。

次駅の「旧白滝駅」が唯一駅を利用していた女子高生の卒業を待ってからの廃止というニュースが全国的に有名になってしまったので、
そちらはテレビ局や町を上げての盛大に最後のお見送りのイベントが開かれていた。

鉄道愛好家の方達も最後の「下白滝駅」停車に乗車し、次駅の「旧白滝駅」へ向かった。

「下白滝駅」に車をおいて、次駅の「旧白滝駅」へ列車で向かい、最後の瞬間に立ち会う。
そして、あらかじめ「旧白滝駅」に置いておいた自転車に乗って「下白滝駅」へ戻り車を回収する。と言う。

本当に鉄道、駅が好きなんだな〜と関心してしまった。笑

その為、列車が走り去ったあとは駅構内には関係者のみで、上白滝駅の様に駅名板を撤去の際の撮影などは無く
早々に作業を終わらせた。

今回、廃止となった白滝の名が付くの3駅の中で一番歴史の長い「下白滝駅」の最後の瞬間を立ち会わせて頂きました。

あたりは真っ暗で駅前にいる牛の鳴き声が聞こえる位、いつもと同じで静かな最後の時でした。

87年間お疲れ様でした。
JUGEMテーマ:鉄道・駅

#694


激務が続いた仕事もようやく少し落ち着き、今日は久々に午前中で仕事が終わったので
溜まった洗濯でもしながらダラダラしようかな。って思っていたのだけども、
テレビのニュースで網走に流氷来てます。って言ってるのを見て、「ちょっと行ってくるか。」と、、、

3時間運転して網走へ。笑

着いたらすっかり暗くなってしまったので、今日は網走に一泊することにします。
JUGEMテーマ:日々のくらし


#691


なかなか見え辛い。


一寸先は闇って奴だ。
#689「雪ひたすら降り続く。」


年明け前に「今年は暖冬で全然雪が降らないですね〜」

「去年も暖冬で全然降らなかったから今年の冬もこのまま静かに終わってくれたら良いのにねぇ〜」

なんて近所のおばちゃんと話していたんだけども、、、

最近は「毎日、毎日良く降るねぇ〜」という感じですね。

まだまだ冬は長い。。。

そういえば最近、近所に空き地が増えた。
昔は住宅が密集していて雪を捨てる場所が全然無かったんだけどね。

あの爺さんも、あの婆さんも最近見かけないな?と思ったら亡くなっていた。
#688「あけましたおめでとう。」


あけましておめでとうございます。
またすっかり放置してしまった Blogでしたが新年初めての更新。

今年もゆるいペースで更新していくと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

年末は突然のドカ雪に見舞われた旭川。
仕事もなんだかバタバタと忙しく30日まで勤務でした。

大晦日はのんびりしようと思っていましたが、5年使ったiMacが故障すると言う悲劇が発生。
慌ててMacBook Proを手に入れデータの復旧をしていたら年が明けた感じです。

1日は同級生達と新年会、2日は写真仲間達と新年会をし酒をたらふく飲んで過ごした正月でした。笑

毎日飲み過ぎ、、、

今年の正月休みは少ないですね〜

正月気分も早々に切り替えて明日からまた1年頑張りましょうかね。
今年も宜しくお願い致します。

今朝目覚めたら雪が降っておりました。
#687「富士山のある銭湯」

α7s + NOKTON classic 40mm F1.4

三連休は東京へ行って来ました。

今回の上京の目的はギャラリー冬青で鎌形路子さんの写真展 「白を掬う collection of white」と
Roonee 247 Photography 中島 恵美子さんの写真展 「Pandora」を見るのが目的。

だったのですが、どうせ行くならなんか他にもやってないんかな〜?と調べた所、、、
やってる。やってる。さすが東京!

ギャラリー916で上田義彦さん展示+上田義彦さんと森山大道さんのトークセッション
GUCCI新宿の川内倫子さんの展示
PLACE M、RED PHOTO GALLERYの森山大道さんの展示
蒼穹舎の染谷 學さんの展示
TOTEM POLE PHOTO GALLERYの広瀬 耕平さん展示
ニコンサロンの菊池 東太さんの展示
ESPACE KUU 空の大西みつぐさんとジェレミー・ステラさんの2人展
その他数件。

2日間みっちり歩いて、ギャラリー巡り。

良いなぁ〜と思う展示もあれば、なんじゃこれ?!の展示もありました。
とても楽しめましたし、勉強になったし刺激になりました、
かなり歩き疲れたけども。笑

ここ数年は上京した際は南千住の安宿を利用してます。
畳三枚しか無い部屋ですが、結構綺麗ですよ。
ひたすら歩きまわって疲れきって宿に戻り風呂に入って1杯呑んで寝るだけなんで僕的には大満足です。

ギャラリー巡りから南千住へ戻り、少し駅付近を歩いてみたんですが
いかにも富士山が壁に書かれていそうな銭湯を見つけた。

入り口から男、女と別れている銭湯は久々に見た気がします。

銭湯の隣にはコインランドリーがあり、風呂から出た頃には洗濯完了ってわけですね。

銭湯愛好家としてはこうゆう銭湯は憧れなのです。